1. TOP
  2. クレジットカード
  3. SPGアメックスvsマリオットボンヴォイアメックス!おすすめはどっち?

SPGアメックスvsマリオットボンヴォイアメックス!おすすめはどっち?

2022年2月8日、SPGアメックスの後継カードとなるマリオットボンヴォイアメックスプレミアム(年会費49,500円(税込))が発表になりました。

  • 2022年2月8日〜2月23日まではSPGアメックスが申し込み可能
  • 2022年2月24日〜マリオットボンヴォイアメックスが申し込み可能

になるのですが、SPGアメックス、マリオットボンヴォイアメックスのどちらを申し込むべきか?悩んでいる人のための解説記事です。

SPGアメックスとマリオットアメックス!おすすめはどっち?

まず、

  • SPGアメックス
  • マリオットボンヴォイアメックス
  • マリオットボンヴォイアメックスプレミアム

の基本情報を表にしてみました。

SPGアメックス マリオットアメックス
一般
マリオットアメックス
プレミアム
年会費 34,100円(税込) 23,100円(税込) 49,500円(税込)
申し込み期間 〜2022年2月23日 2022年2月24日〜 2022年2月24日〜
家族会員
年会費
17,050円(税込) 1枚目無料
2枚目以降11,550円(税込)
1枚目無料
2枚目以降24,750円(税込)
決済の
獲得ポイント
100円につき
マリオットポイント
3ポイント
100円につき
マリオットポイント
2ポイント
100円につき
マリオットポイント
3ポイント
マリオットボンヴォイ
決済の
獲得ポイント
100円につき
マリオットポイント
6ポイント
100円につき
マリオットポイント
4ポイント
100円につき
マリオットポイント
6ポイント
新規入会
ボーナス
3ヶ月以内10万円決済
30,000ポイント
3ヶ月以内30万円決済
10,000ポイント
3ヶ月以内30万円決済
30,000ポイント
マリオット
会員ステータス
ゴールド シルバー ゴールド
決済金額で
マリオット
会員ステータス
年間400万円決済で
プラチナ
年間100万円決済
ゴールド
年間400万円決済で
プラチナ
無料宿泊特典 1年更新
50,000ポイントまで
1泊
1年更新
年間150万円決済
35,000ポイントまで
1泊
1年更新
年間150万円決済
50,000ポイントまで
1泊
宿泊実績付与 5泊 5泊 15泊

 

SPGアメックスとマリオットボンヴォイアメックスプレミアムを比較

次に、SPGアメックスと後継カードのマリオットボンヴォイアメックスプレミアムを比較してみます。

SPGアメックス マリオット
ボンヴォイアメックス
プレミアム
年会費 34,100円(税込) 49,500円(税込)
申し込み期間 〜2022年2月23日 2022年2月24日〜
家族会員
年会費
17,050円(税込) 1枚目無料
2枚目以降24,750円(税込)
決済の
獲得ポイント
100円につき
マリオットポイント
3ポイント
100円につき
マリオットポイント
3ポイント
マリオットボンヴォイ
決済の
獲得ポイント
100円につき
マリオットポイント
6ポイント
100円につき
マリオットポイント
6ポイント
新規入会
ボーナス
3ヶ月以内10万円決済
30,000ポイント
3ヶ月以内30万円決済
30,000ポイント
マリオット
会員ステータス
ゴールド ゴールド
決済金額で
マリオット
会員ステータス
年間400万円決済で
プラチナ
(2021年実績)
年間400万円決済で
プラチナ
無料宿泊特典 1年更新
50,000ポイントまで1泊
1年更新
年間150万円決済
50,000ポイントまで1泊
ポイント追加で
最大65,000ポイント
宿泊実績付与 5泊 15泊

 

2022年2月24日から大きく変わる!

まず、2つのカードの注意点は

  • 2022年2月23日まではSPGアメックスのみの申込
  • 2022年2月24日からはマリオットボンヴォイアメックスプレミアムの申込

となることです。

つまり、

  • SPGアメックスを申込したい場合は、2月23日までに申込必須
  • マリオットボンヴォイアメックスプレミアムを申込たい人は2月24日から

となります。

 

年会費の大幅値上げで更新する?解約する?

既存のSPGアメックス会員は、カード記載の有効期限までは、今のSPGアメックスデザインのカードを使用し、2022年2月24日からマリオットボンヴォイアメックスプレミアムに準じたサービスになります(一部を除く)。

SPGアメックスを更新する場合、2022年5月11日以降の更新は、年会費が

34,100円(税込)→49,500円(税込)

と、15,400円も値上げとなります。

つまり、2022年5月10日までにSPGアメックスの更新を迎える人は、今まで通り、34,100円(税込)の年会費となり、2023年以降の更新で49,500円(税込)に値上げとなります。

しかも、2022年5月11日以降にSPGアメックスが更新となる場合は、年会費が49,500円(税込)もかかってしまうのです。

SNSで「SPGアメックスを次回更新時に解約する予定」と投稿されている人は、年会費の値上げによって、1泊無料宿泊特典をもらうための年会費が

34,100円(税込)→49,500円(税込)

に値上がりするのを嫌っているようです。

1泊50,000ポイントまでの宿泊で、1泊34,100円以上するホテルの選択肢は多いのですが、1泊65,000ポイントまでの宿泊で、1泊49,500円以上するホテルの選択肢は一気に少なくなります。

W大阪、ザ・リッツ・カールトン大阪、セントレジスホテル大阪など、わずかです。

私のように、これら3つのホテルを年に1回は利用する人なら、SPGアメックスを更新して、49,500円(税込)の年会費を払うのはアリでしょう。

しかし、JWマリオット・ホテル奈良やウェスティン京都、ウェスティンルスツなどに利用されていた人の中には、年会費の値上がりで、カードを維持するよりもカードを解約して有償宿泊にした方が良いと考える人も出てくるでしょう。

ただ、言えることは、

1年に1回、49,500円以上のホテルに宿泊する人

はSPGアメックスの更新を考える価値があるという案ことになります。

 

年間400万円決済できる人は継続一択!

昨年から、年間400万円決済すると

マリオットプラチナエリートの付与

が始まりました。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムでも、年間400万円の決済でマリオットプラチナエリートになれる特典はそのままです。

アメックスプラチナ ヒルトンアメックス
プレミアム
マリオット
ボンヴォイアメックス
プレミアム
年会費 143,000円(税込) 66,000円(税込) 49,500円(税込)
家族会員年会費 4枚目まで無料 3枚目まで無料
4枚目以降13,200円(税込)
1枚目無料
2枚目以降24,750円(税込)
決済の
獲得ポイント
100円につき
マリオットポイント
0.99ポイント
100円につき
ヒルトンポイント
3ポイント
100円につき
マリオットポイント
3ポイント
マリオットボンヴォイ
決済の
獲得ポイント
100円につき
マリオットポイント
0.99ポイント
100円につき
ヒルトンポイント
3ポイント
100円につき
マリオットポイント
6ポイント
ヒルトンオナーズ
決済の
獲得ポイント
100円につき
ヒルトンポイント
1.25ポイント
100円につき
ヒルトンポイント
7ポイント
100円につき
マリオットポイント
3ポイント
決済の
獲得マイル
100円につき
0.8〜1マイル
100円につき
0.1〜0.4マイル
100円につき
1〜1.25マイル
新規入会
ボーナス
3ヶ月以内100万円決済
69,300ポイント
(マリオット)
87,500ポイント
(ヒルトン)
6ヶ月以内150万円決済
146,000ポイント
(ヒルトン)
3ヶ月以内30万円決済
30,000ポイント
(マリオット)
会員ステータス マリオットゴールド
ヒルトンゴールド
ヒルトンゴールド マリオットゴールド
決済金額で
会員ステータスアップ
年間200万円決済
ヒルトンダイヤモンド
年間400万円決済で
マリオットプラチナ
無料宿泊特典 1年更新
1泊無料の
フリーステイギフト
1年更新で1泊
年間300万円決済で1泊追加
1年更新年間150万円決済
50,000ポイントまで1泊
ポイント追加で
最大65,000ポイント
宿泊実績付与 15泊
  • マリオット1ポイントの価値:0.5円〜3円
  • ヒルトン1ポイントの価値:0.5円
  • マイル1マイルの価値:2円〜15円

年間600万円決済できる人は2枚持ち!

年間600万円決済できる人は

  • ヒルトン・オナーズ・アメックス・プレミアム
  • マリオット・ボンヴォイ・アメックス・プレミアム

の2枚持ちで、決済のみで

  • マリオット・プラチナエリート
  • ヒルトン・ダイヤモンド

を獲得し、

  • 朝食無料
  • クラブラウンジアクセス無料

という特典を獲得することもできます。

 

 

 

しかし、宿泊実績付与は

5泊→15泊

に大幅増加!

年間50泊でプラチナエリート、年間75泊でチタンエリート、年間100泊でアンバサダーエリートを目指す人には、ありがたい特典です。

家族会員・年会費で比較

SPGアメックスの会員がマリオットボンヴォイアメックスプレミアムの家族会員・年会費になるのは、2022年5月11日の申し込みから適用。

決済で貯まるマリオットポイントで比較

決済で貯まるマリオットポイントの差は、一般カードとプレミアムカードで1%。

年会費の差は26,400円なので、通常決済で考えると年間264万円の決済が損益分岐点となります。

1年ごと更新時の無料宿泊特典で比較

SPGアメックスは2023年2月23日までの更新:カード更新で(SPGアメックスのままマリオットボンヴォイアメックスプレミア)無料宿泊特典を付与。

更新時の年会費がSPGアメックスの34,100円(税込)からマリオットボンヴォイアメックスプレミアムの49,500円(税込)に値上げとなります。

ただし、年間150万円以上の決済は不要です。

2023年2月24日以降の更新:年間150万円以上の決済で無料宿泊特典を付与。

SPGアメックスからマリオットボンヴォイアメックスに切り替えた場合、切り替え前の利用金額は150万円の集計に入りません。

切り替え日より集計開始となります。

手持ちのポイントをプラスして一般カードは最大50,000ポイント、プレミアムカードは最大65,000ポイントまでのポイント宿泊に利用できます。

付与される宿泊実績数で比較

年会費の差26,400円で宿泊実績が10泊増えるのは魅力的です。

勝手に50泊、75泊、100泊宿泊する人は別として、もうちょっとで次のステータスが目指せる拍数の場合にありがたい特典です。

付与されるマリオット会員ステータスで比較

マリオットボンヴォイアメックスがおすすめの人はこんな人

年間400万円決済できる人はマリオットボンヴォイアメックスプレミアムで決まり!

 

SPGアメックスがおすすめの人はこんな人

無料宿泊特典目的だけでカードを作りたい人は、SPGアメックス一択。

ただし、1年後の更新以降は、無料宿泊特典をもらうには年間150万円の決済が必要になります。

マリオットボンヴォイアメックスを申し込んだ場合は、1年後の更新から150万円の決済が必要です。

執筆者紹介 執筆者一覧

マリオットアメックスの達人・中嶋茂夫

マリオットボンヴォイアメックスの達人・中嶋茂夫です。
SPGアメックスを使いはじめて毎年マリオットボンヴォイのホテルの宿泊実績100泊の経験を元に、マリオットボンヴォイアメックスを活用してホテルステイを何十倍にもお得に楽しむ方法をお伝えします。

関連記事

  • 公共料金のマリオットアメックス決済ポイント還元率は?

  • SPGアメックスの年会費が実質値上げ

  • マリオットボンヴォイアメックスの特典

  • マリオットアメックス・大量ポイントの貯め方スゴ技7つ!

  • SPGアメックスが結婚式で使えない?!与信枠以上の事前入金不可に!

  • マリオットアメックスの申し込み方法は紹介制度がお得な理由