1. TOP
  2. ホテルレビュー
  3. Wホテル
  4. プラチナエリート、SNAでマーベラス・スイートにアップグレード!W大阪ブログ宿泊記

プラチナエリート、SNAでマーベラス・スイートにアップグレード!W大阪ブログ宿泊記

W大阪のマーベラス(スイート)は、2021年の宿泊実績中、2番目に利用宿泊回数の多いスイートルームです。

2021年3月16日開業から4ヶ月間で6泊しています。
(1番目はウェスティンルスツ・プレミアムスイート10泊)

その理由は、ありがたいことにマーベラススイートの部屋数が35室もあり、インバウンド客が期待できない今は、空いている可能性が高く、最安値の部屋から100%アップグレードされているからです。

この記事では、「マーベラス(スイート)」を使い倒して、W大阪を存分に楽しむ方法をお伝えします。

>>W大阪のブログ宿泊記はこちら

W大阪・マーベラススイートの特徴

W大阪はニューヨーク発のファッショナブルなホテルブランド「W(ダブリュー)」のホテルでマリオットグループ「マリオット・ボンヴォイ」に属するホテルです。

マリオット・ボンヴォイでのW大阪のホテルカテゴリーは「ラグジュアリー」。

これは「ザ・リッツ・カールトン大阪」「セントレジスホテル大阪」「JWマリオット・ホテル奈良」と同様の最上級カテゴリーです。

派手な雰囲気が先行し、いわゆる「ラグジュアリー」と離れている感じもするW大阪ですが、35室もある「マーベラス(スイート)」の部屋の広さは80平方メートル。

この広さは、関西のマリオット・ボンヴォイのラグジュアリーホテル

と比較しても遜色ない内容で、インスタ映えの写真を収めた人にはぴったりの部屋かもしれません。

マーベラスの色と間取りは全6種類

W大阪の部屋「マーベラス(スイート)」は35室。

部屋の種類も色で2パターン、間取りで3パターンあり、合計6パターンの部屋があります。

部屋の色や間取りを事前にリクエストしておくのもアリです。

部屋の色

  • 偶数階(ブルー)
  • 奇数階(ピンク)

部屋の基調色はピンクとブルーの2色になります。

夜にライトアップされた際に、どちらの色かでかなり印象が変化します。

好みの方を予約する際、事前にリクエストしておくのも良いでしょう。

部屋の間取り

  • xx01号室
  • xx10号室
  • xx18号室

W大阪・マーベラスの特徴は、部屋の間取りが3種類もあることです。

 

最安値の部屋からのアップグレード実績

SNA(スイート・ナイト・アワード)アップグレード実績

プラチナエリートのアップグレード実績

アンバサダーエリートのアップグレード実績

マーベラス(スイート)宿泊レビュー

私は今まで4種類のマーベラス(スイート)に宿泊しましたので、レビューしたいと思います。

2718号室(ピンク)

xx01号室(ブルー)

>>2201号室マーベラスのブログ宿泊記はこちら

xx10号室(ブルー)

xx18号室(ブルー)

 

SPGアメックスを10倍活用するテクニック(メール講座・LINE公式)

LINE公式「SPGアメックスの達人」


LINE公式「SPGアメックスの達人」では、SPGアメックスお申し込みの際の紹介キャンペーンのご案内からマリオットポイントの貯め方、SPGアメックスを活用するテクニックを不定期で配信しています。

*友達追加でSPGアメックスお申し込みの紹介キャンペーンのご案内
*「SPGアメックスを10倍活用するテクニック」のPDFダウンロードURLが届きます。



 

メール講座「SPGアメックスを10倍活用するテクニック」


メール講座「SPGアメックスを10倍活用するテクニック」では、カード決済でこつこつマリオットポイントを貯める方法から、大量ポイントを貯める方法まで10通のメール講座+不定期配信のメールマガジンでお伝えします。
メール講座の詳細はこちら

執筆者紹介 執筆者一覧

SPGアメックスの達人・中嶋茂夫

SPGアメックスの達人・中嶋茂夫です。
SPGアメックスを使いはじめて毎年マリオットボンヴォイのホテルの宿泊実績100泊の経験を元に、SPGアメックスを活用してホテルステイを何十倍にもお得に楽しむ方法をお伝えします。

関連記事

  • フェアフィールド・バイ・マリオット和歌山すさみ宿泊記をブログで!鉄道でも楽しめる道の駅!

  • W大阪の宿泊記をブログで!プール、レストラン、ラウンジ、アフタヌーンティーを紹介

  • W大阪の鮨うき世のディナーに舌鼓

  • 2201号室マーベラススイート宿泊記・W大阪

  • ザ・リッツ・カールトン東京、ブログ宿泊記

  • ザ・リッツ・カールトン スイート宿泊記(ザ・リッツ・カールトン東京)