1. TOP
  2. ホテルレビュー
  3. ザ・リッツ・カールトン
  4. ザ・リッツ・カールトン スイート宿泊記(ザ・リッツ・カールトン東京)

ザ・リッツ・カールトン スイート宿泊記(ザ・リッツ・カールトン東京)

マイルの達人TVSPGアメックスの達人運営の中嶋茂夫です。

307平方メートルという広さを誇り、1泊200万円を超えるまさにVIPのための部屋。

トップの写真はリビングルームをご覧いただくとわかりますが、この場所だけで10人いても広々しています。

そんな特別な空間に運よく宿泊することができましたので、宿泊記としてまとめたいと思います。

1泊200万円の部屋に宿泊できた理由

私のような一般人が1泊200万円の部屋に予約するわけがありません。
(鉄道好きなので「ななつ星」「四季島」「瑞風」など豪華クルーズトレインには乗車するかもしれませんが(笑))

それでも、このような素敵な部屋に宿泊できたのは、なぜでしょう?

スイートルームを打ち合わせで利用

まず、私が「ザ・リッツ・カールトン東京」に宿泊した理由です。

私はWEBマーケティングのコンサルティング業を生業としています。

大阪在住ですので、東京事務所を持っていないので、東京で打ち合わせの際は会議室を借りていましたが、ホテルのスイートルームのリビングルームを使って打ち合わせをするようになりました。

プライベートが確保できますし、インルームダイニングで食事もできるからです。

このような理由で、いろいろな東京のホテルのスイートルームを利用して、どのホテルが私に合うかの見定めをしていたのが、2016年ごろでした。

憧れのザ・リッツ・カールトン東京へ

ラグジュアリーホテルで大阪でも有名だったのが「ザ・リッツ・カールトン」ブランド。

2016年6月の東京出張の際に「ザ・リッツ・カールトン東京」の「エグゼクティブ スイート」を予約しました。

エグゼクティブスイートはリッツカールトン東京のスイートルームの中では一番お値ごろな宿泊料金のお部屋。

80㎡あり、スイートルームとして十分な広さを持っています。

初めての「ザ・リッツ・カールトン東京」でしたので、大江戸線・六本木駅を降りてから、多少迷いながら東京ミッドタウン1階のホテル入り口にたどり着きます。

ロビー階へ上がるエレベーターを少し探して、45階ロビー階に到着。

フロントに向かいます。

時刻はすでに夜中の21時30分。

名前をスタッフに告げます。

すると、スタッフから、予想もしていなかった返事が返ってきたのです。

カールトンスイートに変更してさらに2段階アップグレード

スタッフから返ってきた言葉は、

「今回ご予約のお部屋料金にプラス12万円していただけますと、このお部屋にアップグレードできますが、いかがいたしましょう?」

というものでした。

部屋の種類と料金が書かれた1枚の紙を見せられて、アップグレードされる部屋の料金を覗くと・・・、

「24万円?」

「予約した部屋の料金が10万円だからプラス12万円して支払額は22万円だから、2万円分のアップグレード?」

「ん?違う・・・。242万円?」

そうなんです。

その料金表に書かれた金額は「242万円」。

1泊22万円のカールトンスイートから1泊242万円する「ザ・リッツ・カールトン スイート」へのアップグレード提案だったのです。

私は10秒間考えて

「お願いします・・・」

とだけ答えました。

ホテル会員ステータスは?

2016年のホテルの会員ステータスは、

  • SPG(スターウッドプリファードゲスト)ゴールド
  • ザ・リッツ・カールトンの平会員

という状況でした。

はじめて宿泊するホテルに、いきなり最上クラスの部屋のアップグレード提案を受けるのは、おかしいと思うのが普通でしょう。

しかも、「カールトンスイート」と「ザ・リッツ・カールトンスイート」の間には、広さ120平方メートルの「プレジデンシャルスイート」があります。

私が「SPGアメックス」を持ったのは2017年11月。

2016年は、まだマリオット+ザ・リッツ・カールトンとSPGの統合前だったので(統合は2018年8月)私の「ザ・リッツ・カールトン」ブランドのホテル会員ステータスは「平会員」だったわけです。

では、「カールトンスイート」から「ザ・リッツ・カールトンスイート」に2段階アップグレードされた理由はなんだったのでしょうか?

アップグレードはアメックスプラチナカードの特典

私は2016年4月から、メインで使うクレジットカードを「三井住友VISAプラチナ」から「アメックスプラチナ」に変更したところでした。

アメックスプラチナカードのカード特典は膨大にあり、公式サイトに書かれている特典を読んで把握するだけでも1ヶ月半もかかりました。

これらの特典の中でひときわ私の目に止まったのが

ファインホテル&リゾート(FHR)

だったのです。

全世界のラグジュアリーホテルにFHRを利用して宿泊予約すると

  • 2名分の朝食無料
  • 部屋のアップグレード(空室があれば)
  • 16時レイトチェックアウト確約
  • 12時チェックイン(当日空きがあれば)
  • 100ドル分の飲食割引

がついています。

価値にすると、1泊3万円〜4万円ぐらいにはなるので、FHRを使い倒せば、アメックスプラチナの年会費14万円強の元は取れるとふんだのです。

今回の宿泊予約は、はじめてFHRを利用して予約しました。

すると、たまたま、1段階上のグレード「プレジデンシャルスイート」に空きがなく、2段階上のグレード「ザ・リッツ・カールトンスイート」に空きがあったので案内されたのです。
(2016年6月の情報ですので、今ホテルでこのアップグレード対応されているかどうかはわかりませんのでご了承ください)

部屋に大満足だった私は、1ヶ月後もエグゼクティブスイートを予約しました。

すると、今回と同じようにカールトンスイート分の追加料金を支払うことで「プレジデンシャルスイート」にアップグレードしていただきました。

プレジデンシャルスイートに関する詳細は、

こちらのプレジデンシャルスイートのブログ記事

で書いています。(現在執筆中)

ザ・リッツ・カールトンスイート紹介

夜21時30分にチェックインして次の日は午前中から打ち合わせでしたので、自由に部屋を使える時間がほとんどない(汗)

しかも、1人でこの部屋に宿泊したので、「広すぎ!」

ホテル宿泊でリビングルームからトイレの距離が遠くて、部屋内を移動しているだけで「歩く距離が数kmになる」のは、307㎡のなせる技でしょう(笑)。

ウエルカムギフト

アメックスプラチナ会員としてのウエルカムギフトです。

チョコレートが3種類。

1人で食べるには十分すぎる量です。

チョコレート好きの私にはぴったりのウエルカムギフトでした!

リビングルーム

リビングルームを窓側から撮影した写真です。

3人〜4人座れるソファが2つ。

1人用ソファが3つ。

これだけで、余裕で10人は座れます。

部屋が広いので、対面する人との距離が遠いです(笑)。

ダイニングルーム

ダイニングルームは10席が用意された広々としたテーブル。

お誕生日席同士の距離が遠いですね(笑)。

最上級グレードのスイートルームのダイニングルームの中でも、かなり大きいテーブルです。

インルームダイニングで食事を注文してワイワイするもよし。

キッチン完備なので、料理人を呼んでその場で調理をするもよし。

私が宿泊したときは、1人だったので、1人寂しくこの広いテーブルでコーヒーを飲みました(苦笑)。

部屋に料理人を呼んで食事をしたレビューを

こちらの「鮨WOW」スイートの部屋で鮨を握ってもらえる幸せ・W大阪デイユース

のブログ記事で紹介しています。興味があればどうぞ。

キッチン

冷蔵庫

ベッドルーム

バスルーム

クローゼット

クラブラウンジ

ザ・リッツ・カールトンスイートに宿泊するとクラブラウンジアクセスが無料でついています。

SPGアメックスを10倍活用するテクニック(メール講座・LINE公式)

LINE公式「SPGアメックスの達人」


LINE公式「SPGアメックスの達人」では、SPGアメックスお申し込みの際の紹介キャンペーンのご案内からマリオットポイントの貯め方、SPGアメックスを活用するテクニックを不定期で配信しています。

*友達追加でSPGアメックスお申し込みの紹介キャンペーンのご案内
*「SPGアメックスを10倍活用するテクニック」のPDFダウンロードURLが届きます。



 

メール講座「SPGアメックスを10倍活用するテクニック」


メール講座「SPGアメックスを10倍活用するテクニック」では、カード決済でこつこつマリオットポイントを貯める方法から、大量ポイントを貯める方法まで10通のメール講座+不定期配信のメールマガジンでお伝えします。
メール講座の詳細はこちら

執筆者紹介 執筆者一覧

SPGアメックスの達人・中嶋茂夫

SPGアメックスの達人・中嶋茂夫です。
SPGアメックスを使いはじめて毎年マリオットボンヴォイのホテルの宿泊実績100泊の経験を元に、SPGアメックスを活用してホテルステイを何十倍にもお得に楽しむ方法をお伝えします。

関連記事

  • W大阪の宿泊記をブログで!プール、レストラン、ラウンジ、アフタヌーンティーを紹介

  • プレジデンシャルスイート宿泊記(ザ・リッツ・カールトン東京)

  • プラチナエリート、SNAでマーベラス・スイートにアップグレード!W大阪ブログ宿泊記

  • エグゼクティブスイート(リッツカールトン大阪)ブログ宿泊記

  • ザ・リッツ・カールトン東京、ブログ宿泊記

  • 2201号室マーベラススイート宿泊記・W大阪